まだ見ぬ世界

Hey! Say! JUMPに関する私的記録・考察などなど

どんな運命を背負うか

ハガレン観てきました。

思ったよりおもしろくて楽しめた。

いろいろ叩かれていたし、題材も題材なので不安であったのは否めない。

でも、純粋におもしろかったなとおもう。

それはおそらくわたしが原作をほとんど知らないからだろう。

原作を読んでみたくなる映画だった。

山田くんの演技がとてもすきだなと改めて思うことができたし、わたしはとても満足だ。

次は4DXで観たい。

 

追記にコメントのお返事を

続きを読む

ベスアについてのもろもろ

今日大きな仕事が片付いてプレモルの500ml缶を買ってウキウキしながら帰ったのだ。

ベスアのために。

そんなベスアの記録をしておく。

 

White Loveなんていう新曲なのだから衣装はむろん白だとおもっていたら黒でそうくるの?とのんきにビールを煽っていた。

山田くんの髪型かわいいなぁとかそんなことを思いながらJUMPのターンへ。

山田くんへのドッキリだと!?素晴らしい企画を考えるではないかと最初は思った。

最初だけだ。

えっ?って顔の山田くんがとんでもなくかわいい。

山田のJUMPへの愛を確かめるドッキリと薮くんが言った瞬間にん?とは思った。

そんなの測るまでもないよね?みたいな

でも、まぁこのときはそんな深刻には考えてなかった。

ターゲットは誰ですか 知念さん!

 

Ryosuke Yamada

 

ウソの告白をするのが裕翔くんでその内容が「JUMPをやめたい」

どんなドッキリだよ……というのが第一印象

芝居への気持ちが強くなって

という理由がなんというか……

しかもそれを言うのが裕翔くんて

 

間あいだの八乙女さんの言葉への山田くんの視線はテロップにより緩和されているが、完全にキレてるやつ

 

「やっぱりやめてほしくない

言ってしまえば俺ら家族みたいなものだからさ

1人が抜けたらJUMPじゃなくなるし

このメンバーだからJUMPなわけで

9人で一つなんだなっていうふうにおもうし

夢はたぶん一人で追うより9人で追ったほうが楽しいんじゃないかなっておもう」

 

この人(裕翔くん)とほとんど会話をしてなかったしと言いながら

やめない?と聞いちゃうやまだくん

 

わたしのこのドッキリに対する感想を一言で言うならば、

この企画を受け入れたマネジメントをする大人たちとJUMP8人になんともいえない失望を覚えた。

きっと悪気はない。

山田くん相手だからこその企画だろうし、こう山田くんがいいことを言う流れが確定してるからこそ成立したものだ。

でも、それでもそんな山田くんにかわいそうだとか悪ふざけが過ぎるとかそんな意見もあってよかったんじゃないか。

よりにもよってこの映画のプロモーションの忙しさのときにこのドッキリはあまりにもだし、ただでさえストレスのかかるような実写化なのに、そんなあまりにもではないか。

山田くんのそういうなによりも大切にしているものだっていうことがわかっているからこそのドッキリでもだとしたらそれがなによりも悪質である。

 

そのあとのWhite Loveもそうなると意味合いがまた変わったものになってしまって新曲初披露というそういったものだけではなくなってきて集中できない。

振付は勝手に想像していたのはもっと軽い単純な振付だった。

やまちね的においしいものがあるのではないかというある意味妄想的なものもしていたけれど。

せっかくの初披露で知念くんの映画の主題歌でってもっと盛り上がるべきところはたくさんあったのにね。

 

失望というものはなんとなくJUMPに対しては初めて使う言葉かもしれない。

でも、わたしはきっとこの企画受け入れたすべてを許すことはできないだろう。

良心が痛みに痛んでいることを切に願う。

あのとき描いた夢

11/14はイベントに行ってきました!

感想はちょこちょことツイッターに流したのでそれを貼り付けておきます。

 

 

次の日イベントのためにWSをとったら紅白内定なんてニュースもとんできて、なんていう中途半端な知らせと辟易とする気持ちと少し期待をする気持ちを持ちながらひとまず明日の夕方のWSもとるかなんて思った。

そして今日録画はすっかり忘れていたし仕事もめちゃくちゃ忙しくて発表されたことに気づいたのは休憩がてらコンビニに行ってレジ待ちしていたときにツイッターを開いたときだ。

そのあとも会議やらがあって忙しくしていたため、発表されたことに感想も抱くことなく帰りの電車でツイッターを眺めているときにようやく実感が湧いてきた。

NYC BoysそしてNYCで出たとき、それはそれはとても微妙な感情を持った。

いろんなところで叩かれているのをみたし、それに対して反論できる状態でもなかった。

本人たちの気持ちを考えるだけで耐え難かったしジャニーを心の底から人でなしだと思った。

そしてジュニアが超大量のなかとてつもなくダサい恰好で一生懸命ステージに立つ彼らを観たときの感覚を言い表す言葉はいまでも見つからない。

だけどたしかに悔しいという気持ちを持ったのだ。

いろんな悔しさがあった。

JUMPとして10周年を迎えた今年、JUMPが紅白に初出演することになった。

喜びなのかはいまいちわからない。

そもそもわたしは紅白をみて大晦日を過ごす習慣はないし、目当てがない限り見ない。

でも感慨深いと心底思う。

二度目の初出場

堂々としたステージを見せてくれるに違いない。

たのしみにしてます。

 

過去がどんどん上書きされていく。

そんな過程を見ている感覚がすごくある。

喜ばしくおもいながらもどこか悲しみもある。

哀愁というべきか。

大きくなっていくなかで失うものはあるのだろうか。

なんとなくそんなことを考えてしまうが、とてもうれしいことだ。

どこまでも行ってくれ。

そしてどんな景色があるのか教えてほしい。

できればその景色を一緒に見続けたい。

デビュー10周年おめでとう

Hey! Say! JUMP 10周年おめでとう

デビューしたときに思い描いていたような10周年を彼らは迎えられたのだろうか?

そうだとしたらうれしい。

心からおめでとうとありがとうを伝えたい。

ずっと一緒にいろんな光景を見れたことをとても幸せだとおもう。

デビューの経緯はだれにとっても幸せなものではなかった。

この前雑誌で山田くんと髙木くんがおれらは基となったメンバーだから特に意外でもなかったと言っていた一方で知念くんは自分の名前がないリストが存在していたとも話していた。

Hey! Say!7(いわゆる旧7)が基となっているJUMP。

結成によりいろんな人を悲しめたゆえにデビューを心からうれしいと言えなかったとインタビューでメンバーそれぞれ言っていたけれど、10周年はこうしていろんな人から祝われ、このメンバーでよかったとうれしそうに話してくれる。

この状況をとてもうれしく思うし、幸せに感じる。

心の底からおめでとう。

 

わたしはJUMPのファンになったときオタクのブログをよく読んでいた。

いちばんははてなダイアリーだった。

なかでも愚民14歳という知念担のブログを拝読していたのだけど、今でも強く印象に残っている記事がある。

山田くんのI LOVE YOU - 愚民14歳

これを読んだとき泣いた。

事実、この当時の山田くんはすべてを背負いこんでいて、自分の世界にこもっているように見えた。

儚くてとても美しくてきれいで、そんな山田くんから目を離せなかったし幸せになってほしいと心の底から願った。

JUMPにいてあんなに幸せそうにしている山田くんを見てたまに無性に泣きたくなるときがある。

よかったねと頭をぐしゃぐしゃになでたくなる。

外に出ると山田くんしかテレビに映らないなんてよくあることだったわけだけど、山田くんはJUMPという集団になると一歩引いていたように思う。

でも、いまはそう思わない。

立ち位置なんて気にせずMCでもいるのかなと思うこともある。

JUMPで山田くんがそうなれたのは平和主義の集団でもあるJUMPだったからなのは間違いないし、そんな山田くんを決してひとりにしなかった周りのおかげでもあるだろう。

すべてにありがとうと言いたくなる気分だが、どこの立場から言っているんだと冷静におもう。

いま思えば山田くんという存在を通してしかJUMPを見てきていない。

しかしこれからはそれも少し変わっていくのではないかなと最近の自分を考えるとおもう。

それはメンバーの出演するものは観るし、ラジオも聴いたりすることもあるからだ。

いろんな側面からJUMPを観たいな。

思っていたより未来は明るい。

10年後はもっと明るくなっていることに違いない。

グループが大きくなるというのが本人たちの望みなのかな。

わたしはそこに関してはあまりなにも思っていないのだけど、変わらずメンバーが集まると一か所にぎゅっと集まるようなグループでいてほしい。

JUMPが変わらずJUMPでありますように。

さらなる活躍を祈って、デビュー10周年心からおめでとう

君と同じ時代に生まれたぼくらはツイてる

 

11/14のイベント当たりましたー!!!!

いやはや本当によかった。

「ULTRA JUMParty~真のHey! Say! JUMPは俺だ!!~」

どういうことだすぎるタイトルだけど、よくよく考えてみればいつものことである。

しかしそれも最近あまりなかったからなんとも懐かしくていいよね。

楽しみです。

仕事あとに行くけど、それでも間に合うことがうれしい。

 

朝には山田くんのドラマも発表になっていましたね!!

「もみ消して冬」

東大卒のエリート刑事という字面に笑ってしまうし、シュールなコメディドラマっぽくてすごく楽しみ。

事件を解決する役を着実と増やしていく山田くん。

今回のはちょっと違う感じっぽいけど。

いろんな顔をみることができそうですごくたのしみだ!

ストーリー的にもおもしろいといいな。

意味深な書き方をじゃんぺでしてたけど、共演者たのしみにしていていいんですかね。

とにかく楽しみ。

次々と決まるお仕事に喜びしか感じません!!

本当におめでとう!!!

 

久しぶりに浮かれてます。

全力で生きよう。

そして思いっきり楽しむのだ。

信じて愛して感じて

デビュー日にイベントが決まったということで。

東京体育館には行ったことないけれど、ゆとやまがクルクル中央でまわってたあのUMPやってたのが東京体育館だと聞いて鳥肌がたった。

果たしてこれ当たるのでしょうか。

当たらなかったら相当ショックだろう。

 

なんとなく最近ついてないことが多くて、円形脱毛症になるし、胃腸炎になるし。

ほとんど原因はストレスなんだろうけど、特段なにか嫌なことがあるわけでもないのになんでなのかなとも思ったり。

年末にかけていろんなイベントがあるし、幸せに生きたいな。

最近オタク的にもちょっとモヤモヤすることがあって、このままオタクやめるのもありかなとも考えたりしてたのだけど、こういろいろ決まると辞められる気はしない。

すきなものはすきだと主張できるようになりたいですね、ほんとうに。

 

最近箱推しってなんだろうと考えることがある。

たとえに使ったのはポップコーンなんだけど、ポップコーンがすきだとしてキャラメル味が特にすきでたとえだいすきなポップコーンでもカレー味だとあまりすきじゃないとかいうことある、それと同じなんじゃない?

友だちと話してたときにお通しでなぜかでてきたのがカレー味のポップコーンだったからそんなたとえ話で箱推しってなんだろうねっていう話をしてた。

まぁなにが言いたいかってJUMPがすきだ。

でも、ひとりひとりでみると……という話をしたくなっていたのだけど、まぁそれもありじゃないのって最近思う。

ちょっと前まで全員すきになりたいなって考えていて、少し悩んでいたのだけど。

いろんな人と話しているうちにそう思えるようになった。

やまちねがすきだっていう人と話していても他のメンバーに関する意見で一致したことはないし。

それを肯定も否定もだれもできない。

少なくとも否定はしたくないなと強く最近思っていて。

そして、違うことに対してなにかを思う必要もなくて。

最近ちょっと自分のオタクごとに対するスタンスが見えなくなっている。

難しい。

なににモヤモヤしているのかもいまいち自分でもわかっていないけれど。

 

とにかくたのしくオタクがしたい。

それができないならやめてしまうのがいちばんだ。

それができないから悩むんだろうけど。

 

まぁでもほんとうに今後の予定にはたのしみしかない。

とにかく10周年イヤー最後までたのしみたい。

結成10周年

この記念すべき日になにを上げようかと2,3日前から考えていたのですけど、考えがまとまらなかった。

わたしもJUMPをすきになって10年が経とうとしているということですが、我ながらこんなに長く応援することになるなんて思っていなかった。

当時のわたしは中学1年生。

いまや社会人1年目。

時がたつのは本当にはやい。

1万字でも本人たちが言っていたけれど、身内以外には誰にも喜ばれないようなデビューの過程だった。

結成発表のときのことは今でも良く言われていることなんて見たことがない。

だからこそ、JUMPには箱庭的な要素があるのだと思う。

それがいまとなってはとても愛おしく感じる。

デビューしてからいろんなことがあった。

シングルが丸1年間出なかったり、メンバーがひとり抜けたり、後からデビューしたグループのほうが推されたり売れたり、山田くんと知念くんがNYCとしてデビューし紅白に出たり、ドームがまるで埋まらなくて会場の光景がとても悲しいことになってしまったり。

まだまだいろいろある。

それこそ山田くんが今ツアーで言っているように楽しいことばかりじゃなかった。

そんな時ですら見続けられたことを今となっては幸せに思う。

10周年の光景は想像していたよりずっと明るい。

そして、この先も明るいものだと確信できる。

それがなにより幸せだ。

10周年おめでとう。

10年間いろんな光景を見せてくれてありがとうと言いたい。

これからもいろんな壁にぶち当たることもあるだろう。

そのときはその壁を越えていく過程を一緒に見ていけたらいいなと思う。

 

最後にいつも泣きそうになってしまうこの曲の歌詞を置いて行こうと思います。

 

Jump to dream と決めたあの日

Dreams come true 僕たちは願った

09.24まった涙で 花が咲きますように

きっときっと 行ける未来

もっともっと 夢の先へ

 ずっとずっと この仲間で