読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ見ぬ世界

Hey! Say! JUMPに関する私的記録・考察などなど

新しい時代を作ればいい

覚悟はしていた。

こちらの班にいる以上いつかはくると。

そしてそれはそろそろのことであると。

いや、していたつもりになっていたに過ぎないのかもしれない。

現に、わたしは動揺している。

今日、2015年4月5日日テレ特番にて発表された24時間テレビのパーソナリティー。

V6といっしょに大人世代、若者世代の2世代メーンパーソナリティーとして今年のテーマ「つなぐ~時を超えて笑顔を~」を掲げて24時間テレビを盛り上げるということのようだ。

正直に言えばわたしはこの番組がすきではない。

見たいとは決して思わない。

お涙ちょうだいの企画満載の24時間放送する番組なんてだれが見たいと思うのか、それこそメーンパーソナリティー目当ての人くらいだろうと思っている。

しかしこういった番組はやることには意味がある。

やらない偽善よりやる偽善というのはまさにその通りだとは思うのだ。

そして、この番組のメーンパーソナリティーはジャニーズだからといって務められるものではないことは重々感じていた。

それこそさまざまな人に認知されているような人たちではないと成り立たない。

その場にいまJUMPは立っている。

ここまでくるのに8年かかった。

いくらフレッシュに感じられても実際はもうアラサーがいるグループだ。

短いようで長かった。

そんな瞬間を心から祝いたい。

おめでとう。頑張れ。

胸を張ってそのステージに立ってほしい。

そして、いまこの瞬間を観れていることを心から幸せに思う。