読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ見ぬ世界

Hey! Say! JUMPに関する私的記録・考察などなど

ボクらの時代なんだ

雑記

Ride With Me -2016-が地上波で放送されるという新時代。

好きなんですよ…!

Hey! Sαy! JUMP最高か!!!!と叫びたくなる。

まずRWMという曲そのものが好きなんです。

どこか今というものを諦めながらも自分たちを信じて疑わない姿勢の歌詞がかっこいいし、箱庭と言われている彼らに合っている。

「~ればいい」とか「~ものじゃない」とかの歌詞でどこかゆとりっぽさを感じさせると発売当初言われていたけれど、まさにゆとり世代である彼らにはこの上なく合うものではないのか。

RWMのもともとのバージョンは勢いで突き抜ける感じがまさに勢いのある彼らそのものだし、これから売れていくんだという気概を勝手に感じていた。

2016verはまさに魅せるということを意識しているように感じるし、大人っぽさを最近感じるJUMPに合っている。

次のステージに進むんだという覚悟を見ているようでワクワクするし、興奮する。

今日のMステ見てはやくコンサート行きたいなぁと思った。

これぜひいろんな人に生で見てもらいたい。

ただHey! Sαy! JUMPまだまだいける。

彼らが作る新しいものをもっともっとみていきたいな。

RWM-2016-について語るつもりで更新しに来たんだけど書き始めて音楽センスもないやつが文章でこの曲のことを語ろうとしてもどこのことを語っているのかはわからなかった。

だいたい歌詞がついてない部分のところの振りがすき。

Mステのやつみて思うのは

最初の胸を張って生きればいいのところの知念くんがすごくかっこいい。

We gonna go nowのところの首筋がえろくてかっこいい。

新しい道を作ればいいのところのカメラワークが最高。

傷つけダダンッのダダンッのところの山田くんが伏目がちで動きも顔もかっこいい。

この手を掴めばいいのあとのところの後ろ向いて手を首のうしろにまわすところとかもちびーずの後ろのフォルムがとてもよい。

途中で原曲に戻るのも2016verのすきなところ。

いやもっと語りたい。

ただ文章にできない。

いつからこんなに文章が書けなくなってしまったのかと絶望している。

もともとかもしれないけれど。

さて、わたしの次の現場は10日の横アリなのでまだまだ先。

広島行きたかったし、横アリももっと行きたかったけれど、卒業旅行やらディズニーやらでお金がかかるのでやめた。

お金がほしい……。

そういえば新曲出ますね。

まさかのタイムポカン。

ヤッターマン系のやつということしか知らない。

楽しみですね。

月9の主題歌もどうなることやら。

そういえば月9の予告このあと流れるらしいから待機しよう。