読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ見ぬ世界

Hey! Say! JUMPに関する私的記録・考察などなど

嵐のワクワク学校 6/7 11:00~ 17:00~

もう本当に思ったことを素直に書きます。ただのいちJUMP担の戯言だと思ってください。

 

会場に着いた瞬間、いや新幹線のホームに着いた瞬間に思ったこと。「嵐担しか見かけてない。というかうちわの柄見えすぎでは。というかこのイベントうちわ持ってくるようなものなの。」このときは会場に着けば同士がたくさんいると思っていたんだわたしは。そう、違った。9割嵐担だった。それこそsmartのカバンだったりパステルカラーの双子ちゃんを見かけるだけで安心を覚えるレベルだった。すごく不安だった……。やはり同じジャニオタでもグループによって特質があるんだなと感じた。手作りのなにかをつけてる人が嵐担には多かった気がした。

そんなこんなで会場入り。前京セラドームに来たときはイオンがまだオープンしてなかったねとか一緒に入った子と話しつつ。懐かしきスカイステージ。あれぶりだと思うと感慨深いけれどこんな形で来ることになろうとは……。寺子屋JUMPがお出迎えしてくれた。知念くんは似てた。しかし高木くんが全然似てなかった。メンバーカラーはもうこれで決定なのかね。なんか田んぼが見える。何に使うんだあれは。周りに嵐担しかいないことに慄いてたら始まった。

オープニングの映像毎公演変わるようだ。JUMPさんも映像あるかなワクワクとしてたらまさかの、ない。え?!となりつつ嵐登場。嵐さんはじめまして。こういっちゃあなんだが思ったよりおじさん。国民的アイドル思ったよりふつうのおじさん。だからこそ国民的なのか。んで4月といえば入学式となりJUMPくん登場!!おひさしぶりやっほー!!いのおくんの髪型がまじでマッシュルームだった。2部最初はセットちゃんとしてきたけどやはり最後にはマッシュルーム。山田くんちったいかわいい。知念くんはまた髪を切っててかっこよい。あいうえお順に呼ばれて走って檀上へ。山田くんの走り方かわいい。テディベア。わたしすごくびっくりしたんだけど起立礼とかあるんだけどそこでちゃんとオタクみんなやってんの。え、ええ?!みたいな。わたし双眼鏡で礼してる山田くん見つめてたから本当にびっくりした。隣のじゃんぷ担と顔を見合わせた。従順だな……。

目を閉じらせられて初夏になる。毎回思ってたけどこのくだりいる?二宮先生の授業。1部は翔くんと伊野尾くんが田植え対決をすることに。ふたりが準備している間お米作りのVTR。米という漢字は八十八の手間がかかることからできた。いたってみんな真剣にみる。言っておくけど二回見ると必ず眠くなる。まいまいじいさんの声は二宮くん。おもしろい。きれいにはやく植えるという対決。間隔を30cmとるということだったけど翔くんがすごく狭い。それを見た伊野尾くんが狭くないっすか?!って言ってたけど伊野尾くんは広い。ここのやりとりおもしろいしこういうものを随所にいれてくれないかな。嵐×JUMPって感じがいちばんしたのはここ。まじな田んぼだから倒れると泥だらけになる。翔くんが伊野尾くん倒そうとしてまじで倒れそうになるから翔くん支えてあげてた。二部は相葉くんと高木くん。転ばないでくださいねーと殺せんせーの声で言う二宮くん。うれしい。高木くんがまじで下手でぐにゃぐにゃだし遅かった。相葉くんはさすが。相葉くんに倒されて泥だらけになる高木くん。やり返す高木くん。結果二人ともドロドロ。わろた。

次が夏。松潤先生。浴衣を着て登場。盆踊りをすることに。Happiness音頭。客もやらさせられる。知念くんノリノリなんだけど山田くんゆるゆる。かわいい。ここでも従順な客に驚く。太鼓は裕翔くん。

次は秋。大野先生。茶会。邪なことを考えて終わった。移動するときに二宮くんといっぱいしゃべってた山田くん。二宮くんと全体的によく話してた。まあひたすらに眠い。

次は冬。相葉先生。餅つき。高速で餅つきする名人がきて実際にやる。二回目は山田くんがやっててかわいかった。餅食う山田くんが見れたからそれだけで5000円の価値はあった。忘れたいことを発表。光くんがリトラでえずいたことを言ってたんだけど生放送でえずいたと言いかけて爆笑し始めたのはもれなくじゃんぷ担だった。鐘を鳴らすのは1部が大ちゃん、2部が知念くん。ふたりとも1回目の鐘がすごく小さいから笑いが起きる。ちんねんくんと言われ続ける知念くん。ちっちゃくて鐘が大きく見えるといわれてる中で響く「かわいい」という声。裕翔くんさすが。

そして年が明けるということでカウンダウンが始まる。すごくシュール。そこから櫻井先生へ。福男と対決。山田くん1部は頑張ってたけど2部はまったり。裕翔くんがすごく頑張ってた。抱負をいうことになるんだけどけっこうガチ。高木くんがメンバーひとりも欠けることなくとかいうから悲しみを感じる。裕翔くんは冠番組をたくさん持ちたいと言っていた。いただきハイジャンプレギュラー化おめでとう。

そして再び春になって卒業式。答辞を山田くんが述べる。校歌を歌う。こういう式は客も参加。校歌歌ってるときにフロートで客席の近くにくるんだけどそこでうちわを出し始める人いっぱいいて笑った。それだけのために?!

 

まあこんな感じで終わり。嵐はJUMPのことをJUMPくんって呼んでくれてた。やまちゃんとかなかじとかそういう呼び方をしてくれててほっこり。しかしお互い探り探りでやってる感じは伝わってくる。基本JUMPはおとなしめ。裕翔くんは通常運転だったけど。山田くんは今回体調が悪いのかすごくおとなしかった。1部では終盤突如消えてた。でもジャニーズの先輩いるといつもこんな感じだった気がしないでもない。まぁしょせん嵐のイベント。映像も嵐ばかり。嵐担はワク学をなんのイベントだと思ってるの?とか言ってる人もいるけどこれ本当に学ぶために行ってる純粋ちゃんがいっぱいいることにわたしは驚いたよ。なんというかJUMPの扱いを見てわたしは切なくなってたけど嵐を前にしたらこうだよなとは納得してた。それも含めて切なかったんだけど。けどこれをきっかけに嵐担の方たちがJUMPに興味もってくれたらうれしい。歩いてるといろんな嵐担がJUMPの話をしてて内容はどんなでも話題になってることがうれしかった。ただ、このイベントの趣旨はまったくわたしには理解できるものではなかった。わざわざドームでやる必要性ね?番組でもよくない?これを言ったら負けなんだろうか……。