読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ見ぬ世界

Hey! Say! JUMPに関する私的記録・考察などなど

暗殺教室露出まとめ

ようやく露出がひと段落ついた。もう息切れ状態だ。春休みで暇を極めているにも関わらずまったくこのブログを更新していないのがなによりもその状態を表しているだろう。更新しだしたらきりがないのだ。しかし記念すべき山田くんの初出演初主演映画だ。ちゃんとひとつひとつ記録をつけられなかったことがとても残念だ。しかしなにかできることがあるだろうと思って、今までの露出をまとめてみた。間違い、漏れ、などあるに違いない。絶対にある。わたしが把握し切れてないものは必ずあるはずだ。優しく教えていただければ幸いです。

 

雑誌

発売日 雑誌名
1月15日 QLAP
1月16日 Cinema Cinema
  Tvnavismile
1月17日 日本映画navi
2月14日 QLAP
  TOHOシネマズマガジン
  Cinema Square
2月17日 シネマスクエア
2月18日 ピクトアップ
2月19日 BARFOUT!
2月20日 日本映画マガジン
  エンタミクス
  Clubism
  オリスタ
2月21日 T.
  FLIX
2月23日 CanCam
  MAQUIA
  VoCE
2月24日 Tvfan
  月刊TVガイド
2月27日 MORE
  With
2月28日 CLASSY
  二コラ
  ピチレモン
  Seventeen
3月3日 りぼん
3月4日 日経エンタテイメント
3月5日 Cinema Cinema
3月9日 TVガイドPERSON
3月7日 S Cawaii
3月10日 Men's non-no
  日本映画navi
  ローリングストーンズ日本版
3月11日 Tvstation
  TVぴあ
  TVLIFE
  読売ファミリー
3月12日 Hanako
3月13日 ぴあ MovieSpecial
  オリスタ
  日本映画navi
3月14日 月刊Songs
  QLAP
3月15日 朝日中高生新聞
3月18日 TVガイド
  TVジョン
3月20日 non-no
  日本映画magazine
3月23日 Ray

 

計51。これでもコマチなど同じような類のものはぬいたし、完成披露や学生イベントの記事がのったものをあわせるととんでもないことになる。本当にそんなにあった……?数を見て引いてる。しかし映画雑誌の質にとても驚いた。高いし、選んで買おうと決めていたのにどれもよくて無意識に近い状態で買っていた。写真もよいし、記事もよい。素晴らしいものをありがとう。

 

テレビ

出演日 番組名
2月23日 てっぺん静岡(静岡)
2月24日 OH!バンデス(仙台)
3月3日 新潟一番(新潟)
3月9日 ネプリーグ
3月13日 スーパーニュース(名古屋)
3月14日 王様のブランチ
  CDTV
3月15日 サンデージャポン
3月16日 がんばった大賞
  暗殺教室特番
3月17日 ありえへん世界
3月18日 ほんまでっかTV
  TOKIOカケル
  キャッチ(名古屋)
3月19日 VS嵐
  アブナイ夜会
  ハピくるっ(大阪)
3月20日 めざましテレビ
  とくだね
  バイキング
3月21日 チューボーですよ
  めざましどようび
  ドデスカ(名古屋)
  あらあらかしこ(仙台)
3月22日 マルコポロリ(大阪)
  みちゅバチのよーく見て(北海道)
  ナイトシャッフル(福岡)
3月24日 映女と音女と福男(北海道)
3月25日 世界行ってみたら
3月27日 シアターS(北海道)
  もくようアプリ(北海道)

 

地方番組はまったく把握できない状態でツイッターから情報をとっていたので抜けは必ずある。公開日の週は露出がとんでもなかった。せんせーションズの露出もある。正直山田くんがフジテレビ系列に出るのが珍しすぎて感動していた。WSの扱いもとてもよく、映画のすごさを知る。地方番組は本当に突然出る。番組表で見つかることなど普通にある。だからおまかせ録画を活用することをオススメします。地方番組もちゃんと告知してくれるとうれしいかな事務所さん。

 

イベント関連

2月23日 静岡
2月24日 仙台
3月4日 完成披露試写会
3月8日 広島
3月11日 福岡
3月13日 名古屋
3月14日 大阪
3月16日 学生限定イベント
3月17日 北海道
3月21日 公開日(初日舞台挨拶)
3月28日 ヒット御礼舞台挨拶

 

突然始まった全国キャンペーン。試写会に登場するのは地方のテレビ局主催のやつをチェックするべし。定期的に試写会情報を集めることが大事。いつの間にか募集が始まっていつの間にか終わってる。学生限定イベントにはせんせーションズがきたということも残しておこう。試写会で主題歌披露もなかなか驚いた。公開日に殺せんせーの声が二宮くんだということが発表になり、本人も登場。

 

まとめ

映画ってすごいんだな……。それに尽きる。裕翔担はぜひこれから頑張ってほしい。その意味もこめて今回の記事を書いた。最後はもうまさに息切れ状態。お金と録画容量と戦ってください。山田くんの初出演初主演の映画をこんなにアピールする機会を設けてくれた方々に感謝。初日舞台挨拶の山田くんは一生忘れられないと思う。あれを全国に生中継という形で配信してくれたのも本当に感謝感謝だ。映画はなかなかの好調らしくて本当にうれしい。わたしもまだ前売り券残っているし、まだまだかわいい渚くんを大画面で拝みたいから行く。ちなみに2回目のほうが渚くんのかわいさを味わえると思う。だからみなさま一度きりではなく、もう1回劇場で渚くんを観てください。